名刺印刷での紙質選びの大切さについて

名刺印刷をするときには、他より目立つデザインのほうが覚えてもらいやすいです。
デザインのイメージを仕事を連想させるものなどにすると、後から思い出してくれる可能性が高くなる効果もあります。
目立たせるといっても、規格外のサイズや形にすると、保存に困って捨てられることがあります。
デザイン業界などでしたら規格に合わせるよりデザイン重視で、お洒落なデザインのものが多いですが、一般的な名刺印刷なら普通サイズと形にするのが無難です。
名刺印刷を規格内で目立たせるにはどうすればいいかというと、一番簡単なのが紙質にこだわることです。
肌触りが特徴的な紙だと、渡されたときに印象に残りやすいです。
プラスチック製でスタイリッシュな感じにする方法もあります。
濡れても大丈夫なので機能性もあり、丈夫なので人気です。
機能的なことは考えずに、和紙で作ると上品で落ち着いた印象になります。
このように材質の違いでイメージが変わるため、名刺印刷のときの紙選びは大切です。